林遣都の彼女8選まとめ!恋人との熱愛/破局理由は?

ドラマ『おっさんずラブ』で同性愛者を演じて人気となった林遣都。その端正な顔立ちと演技力の高さで多くのドラマや映画に出演しています。

そんな林遣都の性格や生い立ちなどが気になるという人もいるでしょう。今回は好きな女性のタイプや過去に交際していたとされる人物までご紹介していきたいと思います。

林遣都の本名・年齢・出身地・身長は?

  • 本名:林 遣都
  • 生年月日:1990年12月6日30歳
  • 出身地:滋賀県
  • 身長:173cm

『大きな都市に出て大きなことを成し遂げるように』という願いの込められた『遣都』という名前は本名なんですね。珍しい名前ですよね。

1994年にふたば幼稚園へ入園しました。

兄と妹がいる林遣都ですが、兄には従順だったため、けんか相手は妹でした。しかし、妹にはいつも泣かされていたそうです。

1997年、大津市立逢坂小学校に入学。小学校では野球少年でセカンドを任されていました。

その成果もあって『バッテリー』で主役を獲得できたのかもしれませんね。

2003年に大津市立打出中学校に入学。同級生の話によれば、勉強はよくでき、英語は学年で1位になったことがあったそうです。

芸能界へは修学旅行で渋谷に行ったときに駅のホームでスカウトされたことがきっかけでした。
当時からかっこよかったんですね。

2006年に比叡山高等学校へ入学した林遣都。仕事のある時には地元の滋賀から新幹線で東京へ通っていました。

2年生の時に映画『バッテリー』で主演を演じたことで、学校でも有名人になってしまい、居場所がなくなってしまったように感じたそうです。

そして行きたくなくなってしまったのですが、両親の「高校だけは卒業しておいて欲しい」という願いの元、嫌々卒業まで通っていたのです。母への反抗もすごかったようですね。

仕事と学業の両立で色々と悩むことも多かったのでしょう。母親がパソコンで林遣都の話題を見ていると、パソコンを叩き割ってしまったそうなのです。

そしてそのまま林遣都は上京することになってしまいます。

しかし、壊れたパソコンには「最後まで迷惑かけてごめん。育ててくれてありがとう。頑張ってくる。遣都」という母にあてた手紙が挟まっていたそうです。母親はその手紙を大事に額に入れてあるとのこと。

みんなは遊んでいるのに自分は忙しくやらなけれなばらないことがあると誰しもイライラしたりしてしまいますよね。しかし、優しい心は持っている林遣都ですから、直接は言えなくてもちゃんと手紙で母へ想いを伝えて偉いと思います。

2012年11月16日放送の『A-studio』で大学のことで悩んだ林遣都が滝田洋二郎監督に相談したというエピソードを話していました。

「大学に行っても行かなくてもどちらでもいいが、役者の道に進むのであれば勉強することだけは絶対に忘れるな」

と言われ、芸能界に専念することに決めた林遣都。1つ悩みが吹っ切れて仕事に専念することができてドラマや映画で演じる役にも熱が入ったことでしょう。

林遣都好きな女性のタイプ

林遣都の好きなタイプは引っ張ってくれる年上がいいそうですね。気が強くてサバサバしている反面、隠さずに弱音も吐いてくれて守りたくなるような女性にも惹かれるようです。

強引な女性は逆に苦手で、内面の強さはいいのですが、自分の外に向かっての気の強さはひいてしまうとか。

林遣都の性格

林遣都は人見知りでシャイな部分がありますが、友達をとても大切にする性格なのだそうです。ドラマ『荒川アンダーザブリッジ』で主演を務めた林遣都ですが、いざ現場に立つとプレッシャーで泣いてしまったという話もあります。

そして実は林遣都は見た目では全く想像もつかないほど究極の面倒くさがりなのだそうです。ご飯を食べることや外に出ることも面倒くさく、動けなくなってしまったこともあるとか。

お金に関してもあったらあっただけ使ってしまい、管理ができないそうなのです。

さらにはごみの分別も面倒くさく、段ボールに詰めてわざわざ実家に送ったりもしていたそうなんです。そのため、母親が滋賀から来た時に部屋の片づけやら洗濯、ゴミ出しをしてくれているとか…。

さらにはお金を小分けして洗濯機の裏や冷蔵庫の下など、部屋のいたるところに隠しておくのだそうです。いざというときにつかえるようにという母の思いやりですね。

林遣都の彼女①北乃きい

2008年の映画『ラブファイト』や『シーブリーズ』のCMで共演したことのある2人。2010年1月に北乃きいの運転する車でドライブをした後に、いちご狩りデートをしていたとして週刊誌にスクープされました。

帰り際にはキスまでしていたとか。交際については否定することもなく、はぐらかしていた2人。

しかし、2010年7月には北乃きいが佐野和真と交際していると報じられ、2人は破局していたとされています。

林遣都の彼女②吉高由里子

2010年のドラマ『美丘-君がいた日々-』で2人は共演し、吉高由里子に恋する役柄を演じた林遣都。演技がとても自然だったことで交際が噂されました。

しかし、2010年は北乃きいと交際をしていたこともあり、吉高由里子とは噂でしかなかったのでしょう。

林遣都の彼女③仲里依紗

2008年の映画『ちーちゃんは悠久の向こう』、2012年のドラマ『レジデント?5人の研修医』で共演しています。噂となったのは2012年の共演で恋人同士を演じたことがきっかけだったようです。

しかし、仲里依紗は2013年に中尾明慶と結婚していることから、林遣都との交際は噂どまりでしょう。

林遣都の彼女④倉科カナ

2013年のドラマ『鍵のない夢を見る』で共演した2人はカップル役を演じラブシーンを披露しました。そのため、実生活でも交際しているのではと噂になりました。

しかし、倉科カナは竹野内豊と交際をしていたので、噂でしかないと思われます。

林遣都の彼女⑤松岡茉優

2014年のドラマ『銀二貫』で共演した2人。共演がきっかけで噂されましたが、実際に目撃情報などもありません。

林遣都の彼女⑥波留

2016年のドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、2018年に映画『コーヒーが冷めないうちに』で共演した2人。

2016年のドラマで共演したことで噂になりましたが、実際に交際していたという証拠もないので噂どまりでしょう。

林遣都の彼女⑦中村ゆり

2010年の映画『パレード』で共演した2人。2014年7月6日に『週刊スポーツ』で2人の交際が報道されました。

都内で食事を楽しむ様子やショッピングする様子などの目撃情報がありました。中村ゆりよりも9歳下の林遣都は10代のころから中村ゆりのことが好きだったそうです。

そして林遣都のアタックによって交際が始まりました。

2017年9月には『FLASH』でも焼き肉デートをする2人、2018年7月には『週刊女性』でもスイーツ売り場デートが報じられています。2013年から交際していたとされ、夫婦のようだったそうです。

結婚秒読みともいわれていましたが、2018年に破局しました。中村ゆりは2012年のドラマ『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』で共演した斎藤工とも交際しており、二股をかけていたのではないかとされています。

また、林遣都のほうも島崎遥香とも交際していたという噂もありました。

林遣都の彼女⑧島崎遥香

2018年『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で共演した2人。島崎遥香は第4話にゲスト出演しましたが、これをきっかけに林遣都がベタボレだったそうです。

そして交際に発展し、2019年6月には仲良さそうに買い物をしている2人の姿が目撃されています。

週刊誌では同棲のための準備がされていると報じられ、引っ越し先のマンションへ幾度となく出入りする2人がキャッチされていました。2019年11月には引っ越しを終えているようでしたが、12月には破局。

林遣都の出演するドラマが関西での撮影のため、長期間滞在することになりました。
そのため、2人は遠距離恋愛の状態になり、すれ違ってしまったのではないでしょうか。

林遣都の彼女まとめ

林遣都はしっかりしてそうなイメージでしたが、究極の面倒くさがりのようですね。ごみの分別も洗濯もすべてが面倒くさく、ゴミ屋敷と化していたというから驚きです。

交際の噂をされていた女性たちも結構いましたね。長年付き合った彼女とは残念な結果となってしまいましたが、また素敵な女性が現れるといいですね。

そのためにも少し母親任せではなく、自分の身の回りのことをできるようになってくれるといいのですが…。これからの林遣都の活動が気になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました